美食フィルム

水戸、つくばなどがメイン!茨城グルメブログ、水戸グルメブログ、つくばグルメブログ

Vol.101 アゴチベーカリー[パン-水戸]②

アゴチ ベーカリー

訪問日 2020年7(土曜日)

訪問時間 11時半頃

住所 茨城県水戸市酒門町3294-1 イーストデール 1F

アクセス 水戸駅から車で10分程

 

ここがおすすめ

  • おしゃれなパン屋
  • 種類が豊富
  • どのパンも美味しい

 

・概要

アゴチベーカリーは以前訪れて美味しかったので再訪した。

その時の記事はこちら。

Vol.43 アゴチベーカリー[パン-水戸] - bisyoku film

今回は違う視点からの感想も織り交ぜていく。

アゴチベーカリーはインスタもやっているのでその日の売り切れ情報が分かる。

https://instagram.com/agochibakery?igshid=d9ogfwaaswkz

以前訪れた時は惣菜系のパンを中心に購入したが、今回は食パンを目的に訪問した。

場所は国道50号バイパスけやき台入口付近。

 

・外観

f:id:brilliantyfilm:20200706211446j:image

大きな黄色の看板が目印。

いくつかテナントが入っているうちの1つ。

見た目は可愛らしい外観。

 

・駐車場

店舗前の舗装された所に共用で15台程。

メインの出入口は傾斜があるので車高の低い車は注意が必要。

 

・混雑状況

来店時は先客なしで、店を出る時に1人のみだった。

インスタで「売り切れました」と何回か見たのでもう少し混雑しているのかと思ったがそこまでではなかった。

たまたまタイミングが良かったからかもしれない。

 

・店内
f:id:brilliantyfilm:20200706211510j:image
f:id:brilliantyfilm:20200706211449j:image
f:id:brilliantyfilm:20200706211529j:image
f:id:brilliantyfilm:20200706211454j:image

相変わらず綺麗に並べられている。

店内も明るく清潔感がある。

価格は200円〜350円程。

今回は売り切れのパンはなかった。

以前訪れた時は焼いたパンがそのまま並べられていたが、今回は衛生面からか1つずつビニールに包んであった。

衛生面を気にしている人は嬉しい。


f:id:brilliantyfilm:20200706211458j:image

食パンは1斤324円、バゲットは1本259円、ミルクパンは86円だった。

電話やインスタのDMからパンの取り置きができる。

今回はインスタのDMより取り置きをお願いした。

食パンは何枚切りか選べる。

 

・今回購入した商品
f:id:brilliantyfilm:20200706211507j:image

食パン(324円)

チリコンカン&ソーセージ(281円)

ミルクパン(86円)

 

食パン
f:id:brilliantyfilm:20200706211521j:image

今回は5枚切りをオーダー。

パンの耳は少し硬めに焼いてあり、中はとてももちもちふわふわでとても美味しい。

小麦の風味はしっかりするが主張し過ぎないバランスがとれた食パン。

毎日食べても飽きないと思う。

そのままでも焼いても美味しい。

パンの端の部分は薄くスライスされて、一緒に入れてくれる。

端の部分はカリカリに焼いてバターを塗って食べたが美味しかった。

 

チリコンカン&ソーセージ
f:id:brilliantyfilm:20200706211517j:image

3種類の豆、挽肉、トマトソースをチリパウダーで煮込んだチリコンカンとソーセージを挟んでチーズをのせたパン。

パンは少し硬めに焼いてあり存在感がある。

とてもアメリカンなスパイスの香りと、肉とソーセージの旨味が合わさり美味しい。

 

ミルクパン

こちらは前回の記事に写真を載せたので今回は撮らなかった。

ほんのり香るミルクの風味と小麦の風味がとても良い。

何個でも食べられる。

 

・全体の感想

今回は食パンを購入してみて、少し値段は高いがその分満足度は高かった。

スーパーのパンのおよそ倍位の値段だが、それでも食べる価値は十分ある。

 

アゴチは惣菜系のパンや食パンもとても美味しく自信を持っておすすめできる店。

水戸で美味しいパンを購入する際に利用してみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー・店舗紹介一覧 - bisyoku film

 

他のパン屋も紹介しているのでパン カテゴリーの記事一覧 - bisyoku filmこちらからご覧下さい。

 

by  bisyoku  film